XM

XM口座タイプの8つの違いは?それぞれの特徴から共通点まで徹底検証

XMtradingの口座タイプ・特徴

海外FXで不動の人気を誇るXMTrading(通称:エックスエム)XMにはスタンダード口座マイクロ口座ゼロ口座の3種類がありますが、何を基準に選んで良いのかわからない方も多いのではないでしょうか?

この記事では、XMの3つの口座の特徴から、さまざまな希望条件に沿った口座選びをご紹介します。FXが初めての方はもちろん、XMをご検討中の方も是非ご参考ください。

XM(エックスエム)の口座比較

XMでは現在3つの口座タイプを用意しており、スタンダード口座が一番人気となっています。

マイクロ・スタンダード・ゼロスプレッド口座比較表

少額取引向き
マイクロ

  • STP方式
  • 取扱商品
  • FX通貨ペア
    コモディティ
    株価指数
    貴金属・エネルギー
  • 1ロット通貨量
  • 10万通貨
  • 取引ロット
  • 0.01~100ロット
  • 最大保有ポジション
  • 200
  • 初回最低入金
  • 5ドル
  • 最大レバレッジ
  • 888倍
  • 取引手数料
  • 無料
  • 入出金手数料
  • 無料
  • 平均スプレッド
  • USD/JPY1.6pips
  • ロスカット水準
  • 20%
  • ストップレベル
  • 4.0pips
  • ゼロカット
  • あり
  • ボーナス
  • 口座開設ボーナス
    入金ボーナス
    ロイヤルティボーナス
  • 取引ツール
  • MT4・MT5

高額取引向き
ゼロ

    • ECN方式
    • 取扱商品
    • FX通貨ペア
      コモディティ
      株価指数
      貴金属・エネルギー
    • 1ロット通貨量
    • 10万通貨
    • 取引ロット
    • 0.01~50ロット
    • 最大保有ポジション
    • 200
    • 初回最低入金
    • 100ドル
    • 最大レバレッジ
    • 500倍
    • 取引手数料
    • 10ドル
    • 入出金手数料
    • 無料
    • 平均スプレッド
    • USD/JPY0.1pips
    • ロスカット水準
    • 20%
    • ストップレベル
    • 4.0pips
    • ゼロカット
    • あり
    • ボーナス
    • 口座開設ボーナス
    • 取引ツール
    • MT4・MT5

※ 国内銀行送金の場合1万円未満は980円~
※ 入金時と同じ方法でのみ出金可能
銀行振込の場合40万円未満は2,500円

XMの口座タイプの違い

XMにはスタンダード口座・マイクロ口座・ゼロ口座と3種類あることが分かりましたが、具体的にどこが違うのでしょうか。

口座タイプの違い
  • 取引方式
  • ボーナスの受け取り条件
  • 最大レバレッジ
  • 取引サイズ
  • スプレッド・取引手数料
  • 最低入金額
  • 取り扱い銘柄
  • 銘柄名

ここからはそれらの違いを一つ一つ解説していきます。

取引方式

海外FXではおもにNDD方式を採用しています。

口座別の取引方式
  • スタンダード口座 STP方式
  • マイクロ口座   STP方式
  • ゼロ口座     ECN方式

海外FXは国内FXに比べ透明性が高いのが特徴です。そんな中ゼロ口座は、スタンダード口座・マイクロ口座よりさらに透明性の高い取引ができるECN方式を採用しています。DD方式やNDD方式ついてはこちらで解説しています。

スプレッド・取引手数料

先ほどの取引方式と関連しますが、ECN方式の口座はスプレッドが非常に狭いことが特徴です。XMではスタンダード口座マイクロ口座の最小スプレッドがUSDJPY1.0pipsなのに対して、ゼロ口座の最小スプレッドがUSDJPY0.00pipsとなっています。

しかしながら、ゼロ口座では取引毎に往復の取引手数料$10が発生するので注意が必要です。ゼロ口座の取引手数料は他のECN口座の中でも比較的高額ではありますが、最狭スプレッドのため、安定した取引ができるところは魅力ではないでしょうか。

 マイクロ口座スタンダード口座ゼロ口座
最小スプレッドUSD/JPY 1.0
EUR/JPY 1.0
GBP/JPY 1.0
USD/JPY 1.0
EUR/JPY 1.0
GBP/JPY 1.0
USD/JPY 0.0
EUR/JPY 0.0
GBP/JPY 0.0
平均スプレッドUSD/JPY 1.6
EUR/JPY 2.6
GBP/JPY 3.5
USD/JPY 1.6
EUR/JPY 2.6
GBP/JPY 3.5
USD/JPY 0.1
EUR/JPY 0.6
GBP/JPY 1.1
取引手数料なしなし$10

ボーナスの受け取り条件

FX業者の中でも豊富なボーナスキャンペーンに定評があるXM。

スタンダード口座マイクロ口座は、XMで実施しているボーナスキャンペーンにすべて適用されていますが、ゼロ口座口座開設ボーナスのみ適用です。

 マイクロ口座スタンダード口座ゼロ口座
新規口座開設ボーナス利用可能利用可能利用可能
入金ボーナス利用可能利用可能利用不可
ロイヤルティプログラム利用可能利用可能利用不可

※お友達紹介キャンペーンはすべての口座に適用しています。

最大レバレッジ

少額トレードでも多くの利益が見込めるレバレッジですが、最大レバレッジも口座によって異なり、スタンダード口座マイクロ口座最大レバレッジ888倍とかなりの高水準です。ゼロ口座最大レバレッジ500倍とスタンダード口座・マイクロ口座に比べると劣りはしますが、ECN口座の中では高水準と言えます。

レバレッジは1~888倍の間で16段階の調整ができるので、レバレッジを最小限にしたい方にも安心して取引できます。

 マイクロ口座スタンダード口座ゼロ口座
残高
$5~$19,999
888倍888倍500倍
残高
$20,000~$99,999
200倍200倍200倍
残高
$100,000ドル以上
200倍200倍100倍

取引サイズ(通貨数)

マイクロ口座は、スタンダード口座・ゼロ口座より、1ロットの取引サイズが小さく設定された口座タイプなので少額トレーダーにぴったりの口座です。最小・最大取引サイズともスタンダード口座・ゼロ口座と比較すると小さい口座となっています。

 マイクロ口座スタンダード口座ゼロ口座
1ロットの通貨量1,000通貨10万通貨10万通貨
最小取引サイズMT4:0.01ロット
(10通貨)

MT5:0.1ロット
(100通貨)
0.01ロット
(1,000通貨)
0.01ロット
(1,000通貨)
最大取引サイズ10万通貨500万通貨500万通貨

最低入金額

スタンダード口座・マイクロ口座には最低入金額が$5(約500円)と設定されています。対して、ゼロ口座は最低入金額が$100(約1万円)と設定されています。

取り扱い銘柄

XMではFXのほかに貴金属、株価指数、コモデティ、エネルギーのCFD商品が取引可能ですが、ゼロ口座のみFXと貴金属の金・銀以外は取引不可となっています。

CFD商品とは
  • 貴金属   金、シルバーなど
  • コモデティ コーヒー、砂糖など
  • エネルギー 原油、天然ガスなど
  • 株価指数  NYダウ株価指数など
 マイクロ口座スタンダード口座ゼロ口座
FX通貨ペア57銘柄57銘柄56銘柄
貴金属4銘柄4銘柄2銘柄
エネルギー5銘柄5銘柄
コモディティー8銘柄8銘柄
株価指数28銘柄28銘柄

ちなみにゼロ口座は通常取引手数料が往復$10かかりますがCFD商品には取引手数料がかかりません。このCFD商品には取引手数料が発生する業者もあるので、CFD商品で取引をしたい方にとっては大きなメリットといえます。

CFD商品の取引手数料

[table id=4 /]

銘柄名

スタンダード口座・マイクロ口座・ゼロ口座ではそれぞれ銘柄名が異なります。

表記例
  • スタンダード口座 USDJYP
  • マイクロ口座   USDJYPmicro
  • ゼロ口座     USDJYP.

マイクロ口座・ゼロ口座に、スタンダード口座の銘柄が表示されますが、こちらは取引ができないので注意が必要です。

XMの口座タイプの共通点

すべての口座に共通している点は以下のとおりです。

口座タイプの違い
  • 追証なしゼロカットシステム搭載
  • ロスカット水準20%

追証なしゼロカットシステム搭載

スタンダード口座・マイクロ口座・ゼロ口座のすべてに追証なしゼロカットシステムを搭載しています。追証なしゼロカットシステムを搭載してるかはとても重要なポイントで、XMではすべての口座で対象となっています。追証なしゼロカットシステムの詳細は下記で解説しています。

ロスカット水準20%以下

XMではすべての口座ロスカット水準が20%以下と低く設定されています。ロスカットとは、預けた証拠金以上の損失が発生するのを防ぐため、FX業者が強制的にポジションを決済することです。ロスカットは想定以上の損失を防ぐための仕組みですが、ロスカット水準が高いとトレードに融通がききにくくなるのが特徴です。

このことからすべての口座でロスカット水準が低いXMは非常に負けにくい業者であると言えます。

スタンダード口座に向いている人

さきほどの口座タイプの違いから、スタンダード口座に向いている人はこのような方と言えます。

スタンダード口座に向いている人
  • FXが初めての方
  • あまり資金をかけたくない方
  • レバレッジを高くしたい方
  • CFD商品も取引する予定がある方

以下、解説していきます。

FXが初めての方

XM口座保有者の約7割が開設しているバランスの取れた一番人気の口座です。また日本国内の海外FXユーザーの中でも一番人気の口座なので、かなりニッチな情報も収集しやすく、FX初心者の方は安心して利用できるといえます。XMは業者のサポート体制も万全なので、どこで口座を開設するか悩んでいる方はスタンダード口座がおすすめです。

あまり資金をかけたくない方

スタンダード口座は最小取引サイズが0.01ロット、1ロットあたりの通貨量が10万通貨のため、1,000通貨から取引可能と比較的少額からスタートできます。

またスタンダード口座ではボーナスキャンペーンにすべて適用されるため口座開設ボーナス3,000円と入金ボーナス最大120%を利用して証拠金を増やすことも可能です。マイクロ口座は10通貨から取引可能ですが、かなり少額で利益がでてもかなり少額なため、スタンダード口座は資金の面で非常にバランスが取れた口座と言えます。

レバレッジを高くしたい方

スタンダード口座は最大レバレッジが888倍と非常に高く設定されています。

対して、ゼロ口座は最大レバレッジが500倍なので、レバレッジをとにかく高く設定したい方は、スタンダード口座がおすすめです。(マイクロ口座も888倍です。)レバレッジを抑えたい場合は、1~888倍の中の計16種類から簡単に変更可能と非常に融通もききます。

CFD商品も取引する予定がある方

スタンダード口座はCFD商品の取り扱いも充実しています。万が一、FXが軌道に乗らないときもCFD商品を視野に入れておくことで投資対象が増えリスク分散になります。

マイクロ口座に向いている人

さきほどの口座タイプの違いから、マイクロ口座に向いている人はこのような方と言えます。

マイクロ口座に向いている人
  • FXが初めての方
  • 資金が少ない方
  • 自動売買を試したい方

以下、解説していきます。

FXが初めての方

海外FXを始めたいけど資金がなかったりリスクが心配で始められない方は非常に多いと思います。とくに海外FXはイメージだけで敷居が高いと思う方も多いのではないでしょうか。

実際、海外FXは1円から取引可能、ゼロカットシステムで借金がゼロになったりとどなたにも始めやすいものです。それでも万が一のリスクを最小限にしたい倹約な方は、マイクロ口座で少額トレードをするのがおすすめです。

資金が少ない方

マイクロ口座ならスタンダード口座よりもさらに少ない10通貨から取引ができるため、損失がでても、あまりダメージを受けることがありません。

また、スタンダード口座同様ボーナスキャンペーンがすべて適用なので証拠金も増やしやすく、ハイレバレッジで取引可能です。

自動売買を試したい方

「デモ口座で自動転売を試して、利益が出たからリアル口座で動かしたのに悪い結果になった。」というのはよくある話です。それもそのはず、デモ口座はリアル口座とは異なるサーバーで運用されているためスプレッドや約定力がわずかに異なるのです。自動転売を活用したいけれど心配で踏み出せない方はマイクロ口座を利用するのがおすすめです。

ゼロ口座に向いている人

さきほどの口座タイプの違いから、ゼロ口座に向いている人はこのような方と言えます。

ゼロ口座に向いている人
  • 資金をかけられる方
  • スキャルピングをしたい方
  • CFD商品を取引しない方

以下、解説していきます。

資金をかけられる方

最低入金額がスタンダード口座・マイクロ口座は$5(約500円)に比べゼロ口座は最小入金額が$100(約1万円)のため、参入ハードルが高くなっています。しかしながら、他業者のECN口座の中では少額なため他業者と比較すると始めやすいECN口座と言えます。

ECN口座の初回最低入金額の比較
 ECN口座初回最低入金額
ゼロ$100(約1万円)
ノースプレッド$3,000(約30万円)
ICL$1,000(約10万円)
ブレード$200(約2万円)

スキャルピングをしたい方

ゼロ口座はスプレッドが非常に狭く、最小スプレッドはなんと0.00pipsです。手数料が別途発生しますが、スプレッド+手数料を加味してもスタンダード口座・マイクロ口座と比べて低スプレッドと言えます。そのため、スキャルピングをメインとした取引をしたい方はゼロ口座がおすすめです。

レバレッジもECN口座の中では比較的高く設定されているので利益を出しやすく非常に効率の良い口座です。

CFD商品を取引しない方

ゼロ口座は、スタンダード口座・マイクロ口座と異なりCFD商品は金・銀以外が取引不可となっています。そのためFXしか利用しないと決めている方はゼロ口座で十分運用できます。しかしながら、ゼロ口座を開設したあとにCFD商品にも興味を持つ可能性も十分ありえます。その場合は併用してスタンダード口座やマイクロ口座も開設可能です。その際の注意点はスタンダード口座・マイクロ口座の新規口座開設対象のボーナスキャンペーンが適用外になるところです。その点を抑えた上で口座開設を検討しましょう。

XMの3種類の口座比較まとめ

XMは海外FXの中でも口座開設実績ナンバーワンの信頼の厚い業者です。

まずは海外FXを始めてみたいという方はスタンダード口座を。

とにかく出資を抑えて挑戦したいという方はマイクロ口座を。

上級者向けの口座でたくさん取引したい方はゼロ口座を。

というように、口座タイプを理解しながら上手に運用していきましょう。

ABOUT ME
アバター
ボナくん@海外FXトレーダー歴7年
国内FXで追証でメンタルをやられ、海外FXに完全移行。 ボーナス・スプレッドのバランスをみてローリスク・ハイリターンを第一にトレード。
XMをはじめよう

XMtradingのスペック表

金融ライセンス セーシェル金融庁ほか計4つ
日本語対応
ボーナス 5種類
入出金手数料 無料
スキャルピング 可能
自動売買 可能
両建て 同一口座のみ可
取引ツール MT4・MT5

 

3,000円の新規口座開設ボーナスプレゼント中
 口座開設者数No.1!
 おすすめのFX業者
XMはこちら
 口座開設者数No.1!
 おすすめのFX業者
XMはこちら